スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

感性の定量化

2011年07月22日 05時03分
昨日は、東京大学名誉教授の先生をお招きして研修会
講演

講演の内容は「食感性工学」
消費者の感性(おいしいと思うことや嗜好)を定量的に測定・分析して商品開発やマーケティングに活用しようとする分野
感性を定量化するのはかなり困難なことだと思いますが、これまで感覚だけに頼っていたことが科学的に定量化されることはおもしろいと思います。

講演では、大手メーカーの新商品開発の関係もあって、ペーパーの資料には記載できないPowerPointでの内容がおもしろかったです。

「女子大生の嗜好が、OLになると男性の嗜好に近づいていく。」

なんてところは、「なるほどねぇ」といった感じ!


私の役割は、講師のお迎えと事務手続きといった裏方だったので、講演を全部聞けなかったのが残念です。

さて、お昼ごはんは講師の方と一緒に地産地消のランチバイキング
という予定でしたが、講師のリクエストで和食のお店へ

事務局側は、岡山県中央部にある吉備中央町の伝統的郷土料理の一つクサギナのかけめし
講師先生のオーダーは、なぜか「ざるうどん」(しかも単品)でした。
くさぎな 
くさぎな

食の研究をされていても、食の細い方のようでした。


ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
本来業務かも? | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ハッハッハ
全ての講師の食が細いと思ったら、大間違いですからね(笑)
吉岡さんへ
私の知っている講師に、お酒はあまり飲めないけれど、甘いものが大好き!という人がいます。
その方はたぶんガッツリ系だと思います。
そんな講師をお招きした時は、「バイキング」ですね(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。