スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第24回吉備路れんげまつり(その2)

2009年05月02日 07時06分
先日のブログの続き、吉備路れんげまつりの報告?です。

れんげ

れんげまつりと言いながられんげの話題がなかったので、れんげ畑の様子を少し。

この季節、備中国分寺周辺の田畑には、れんげが植えられていますが、れんげ畑は立入禁止になっています(当たり前か)。

備中国分寺の五重塔


遊べるれんげ畑

れんげまつりのイベント期間中だけ、れんげ畑の1か所だけ遊べる畑が用意されていました。


れんげの花束

子どもは大好きですよね。

もう一つ子どもがチャレンジしたのは、ミニ畳づくり体験

イベント会場に着いて、最初に行ったのは実を言うとミニ畳づくり体験でした。

食べ物を売っている物産即売テントが多い中で、人だかりのない(失礼)テントがあったので、何だろうと思って行ってみると、畳屋さんのテントでした。

吉備路れんげまつりで畳づくり体験

小さい畳の縁を付ける体験なので、小学校低学年でも大丈夫。
うちの娘がやっていたら、お客さんが増えてきてきました。体験料金300円は安い!

吉備路れんげまつりのステージ

ステージでは和太鼓や銭太鼓などの郷土芸能が披露されていましたが、落ち着いて見ることができませんでした。

そうそう、この日は備中国分寺の五重塔や本堂、こうもり塚古墳も公開されていていたのですが、時間の都合や家族の都合もあって、こちらも行くことができずちょっと残念!

自分のことができる、まったりとした時間もほしいものです。
(このゴールデンウィーク中の1日ぐらいはなんとかなるかな)

関連記事
家の都合 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
お嬢さん工作好きですね(*^_^*)
実はこの畳屋さん、我が家のちかくです。
久米の体験プログラムに協力を
惜しまないと、言ってくださっています。
何かできるか、思案中です。
お楽しみに!
ジュリアンさんへ
ジュリアンさんのお近くの畳屋さんでしたか!
ビックリです。

イベントでの体験メニューに「ミニ畳づくり」があることは知っていましたが、岡山県内でやっているのを私が見たのは初めてでした。

畳は日本文化の象徴的なものですよね。

今ではほとんど作られていませんが、い草も岡山県では有名です。
い草づくりの歴史などと組み合わせて、体験プログラムをつくればおもしろいことになりそうですね!

ちなみに、工作好きの娘は、毛虫も好きです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。