スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ワークショップの手法でカタい会議

2011年02月05日 05時36分
最近、日中はかなり忙しい?のるーくです。

いままでのツケが回ってきているのはわかっていますが、ちょっとヘロヘロ(笑)

昨日は午後から支店の営業部長を招集して、来年度から始める新しい事業の説明会
これまでは、本店担当者が一方的に事業の説明をして、「何かご意見は?」

何も意見がなくて「シーン」

又は

「そんなこと言っても、○○はダメ。△△はできるわけない。」


という結果がほとんど


今回は司会という立場を乱用して、上司にも相談しないまま、ワークショップの手法を少しだけ取り入れて会議を進めてみました。
ホントは会議の前に資料を送って、検討してもらってから参加してもらうのがいいのですが、会議資料をもらったのが昨日の10時(会議は午後1時30分から)

出席者は社内の者ばかりなので、アイスブレイクは必要なし。

会議を始める前に「後で全員から意見を聞くので、聞きたいことをメモしてください。」
議論してもらいたい新規事業だけ、担当者から30分説明してもらった後、5分だけ頭の中を整理する時間をとって、意見交換
意見交換の前は、体を動かすちょっとした体操(笑)

ワークショップでは当たり前でも、背広を着たオッサンがほとんどの会議、しかも会場はホテル内というシチュエーションではちょっと異質かも・・・

予想どおり半日の会議では時間が全く足らなくて、ファシリテーター失格でした。

それでも、良くも悪くもこれまでと違った会議は、参加された方にはかなり新鮮に映ったようです。
夜の懇親会でいろいろと言われました(^^ゞ



さて、今日は、早朝の作業を済ませたら、島根県の松江へ!
夜は松江ゴーストツアーに参加して、その後は島根の方々と交流会?




ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
本来業務かも? | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。