スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

維新派ドキュメンタリー上映会

2010年11月13日 04時52分
瀬戸内国際芸術祭2010のイベントとして、犬島で公演があった、維新派の「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」

昨夜は、その裏舞台を紹介するドキュメンタリー上映会に行ってきました。

7月下旬に開催された維新派の公演も観に行きたかったのですが、ちょうどそのころはちょっとばかり忙しかったので断念
3日前に突然?ベネッセ関係の方から、「維新派の公演に行けなかったのるーくさんのためにドキュメンタ リーを作りました(笑)」というメールをいただいたので、少しだけのぞいてみました。
維新派

会場には20人程度
若い方からご年配の方までバラエティーに富んだ年齢層
約45分間の映像
一般にTV放送しても大丈夫な十分見応えのある内容でした。

維新派の舞台は「全くわけがわからん!」という人もあれば、「めっちゃ素晴らしい」という人もいる前衛的?な舞台だそう。
確かに顔を白く塗った役者のみなさんの独特な動きだけを見れば、理解しがたい面もあるでしょうね。

絵画でいえば、サルバドール・ダリの「記憶の固執」のような感じかな?

でも、今回のようなメイキング映像を見れば、また見方が変わってくると思います。

ちなみに、このドキュメンタリーDVD 県立図書館などに置かれるそうです。
興味のある方は、ぜひ!


ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボタン <br /><br />人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
芸術系? | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。