スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

島根では稲刈り? 岡山県南では草刈り で思ったこと

2010年09月13日 03時19分
土曜日は本来業務みたいなことでいつもの仕事場へ(ただしエアコンは効いてない)
日曜日はずっと放っておいた田んぼの草刈り
そういえばその前の土日も本来業務のイベントと草刈り
なかなか骨休め&気分転換になる休日がきませんねぇ~

土曜日に島根県のももたんさんから携帯に届いた稲架(ハデ)のようす
島根の田んぼ

天日干しの米の方がおいしいというのはわかっているけれど、うちではこんなことはやっていられないというのが現状(笑)
もちろん乾燥機を使ってます。

さて、休耕田の草刈りは・・・
昨日の面積は6a弱
机上で計算する時にはたいしたことない面積だけれど、刈払機(草刈機)で草刈りすれば休憩なしでやってもほぼ半日・・・
草刈り 
草刈り 


草刈り 
草刈り 

草刈り

一心不乱に刈払機を使っていてふと思ったんですが、どうしてこんなことをしなければならないのだろうって

トラクターやコンバインに投資した金額を考えると、たぶん死ぬまで家族で食べるお米を買うだけ以上の経費がかかっている。
資本経済的に考えるとムダなことなんですが、田畑があるから作っているのかもしれないし、できないところは休耕田
貸し出そうとしても借り手はいない。

美しい田園風景を守るとか、食料を生産するなんていう崇高な理念は、外野のみなさんが文章や言葉で言うことが多いですね。

でも現場はもっとドロっとしているものです。
比較的条件のいいところでも、1枚の面積が小さければ休耕田

中山間地域の田畑を守るってことは、もっと大変なことだと思います。

小さな田んぼでは、田植えや稲刈りよりも畦草を刈ったり、水の当番をしたりの日常の管理、少しの労力を継続さ せることの方が重要。
それは田畑の近くにいなければやりにくい。

農業の、表には出てこないホントは大変なところ。

あぁ~疲れが溜まってきたのかな!



ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボタン 人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。