スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

瀬戸内国際芸術祭・直島編(その4 あちらこちらにアート)

2010年08月21日 05時53分
暑いけれど、李禹煥美術館から歩いて、黄色の南瓜のあるベネッセハウス方面へ

途中にあるベネッセハウスミュージアムは、作品番号9「光の棺/苔の概念」の鑑賞ツアーの時間の関係でとりあえずここではパス
直島の屋外アート

海岸には、ジェニファー・バートレットの「黄色と黒のボート」が見えます。
(ベネッセハウスミュージアムの中にも同名?の作品があって、そこからは比べて見ることができます。)
直島の屋外アート
直島の屋外アート

しばらく歩いていると笛の音が聞こえてきました。
道から遠くに見える、大竹伸朗の「シップヤード・ワークス」のある浜辺では、笛の音にあわせて踊っている人が・・・
直島の屋外アート
これもアートの一つなのかな?


ジョージ・リッキーの「三枚の正方形」
直島の屋外アート
これは道沿いから近くのよく見えところにあるのですぐにわかります。
付け根が可動式になっていて、風でゆらゆらと揺れるところがいい感じ!でも台風の時なんかに壊れないんだろうか?なんて疑問も残 ります。

屋外アートの片瀬和夫「茶のめ」、蔡國強「文化大混浴」などの作品がどこにあったのか気が付かないままに、南瓜のある浜辺に到着
直島の屋外アート

※2010年8月17日の記録


ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
芸術系? | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。