スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

瀬戸内国際芸術祭・直島編(その1 港にあるアート)

2010年08月18日 04時22分
昨日は夏休みをとって、瀬戸内国際芸術祭の直島に行ってきました。

家から宇野港まで車
宇野港の駐車場は高松のようにパスポート持参で無料!なんていう粋なはからいがなくて、1日500円ということだけは調べていたので すが、うっかり?駐めたところが「産業振興ビル」の駐車場
フェリー乗り場からは一番近いのかもしれませんが、30分ごと100円、1日上限1,000円・・・
まぁしかたないか・・・

宇野港から直島までフェリー
瀬戸内国際芸術祭・直島編
瀬戸内国際芸術祭・直島編

平日だというのに、9時22分宇野発、直島行きのフェリーは多くのお客さんです。
※後でわかったのですが、もう一本早い8時22分宇野港発で行った方が余裕のアート巡りが楽しめます。 
 次の11時発では、地中美術館に入れない可能性大です!
瀬戸内国際芸術祭・直島編

出港時には、宇野港にある作品番号75の「宇野のチヌ」が船から見えます。
瀬戸内国際芸術祭・直島編

約20分間の船旅
瀬戸内国際芸術祭・直島編

直島の宮浦港では、直島のアート代表的なイメージでもある「赤かぼちゃ」がお出迎え!
瀬戸内国際芸術祭・直島編

ここまでは順調だったのですが・・・

続きは明日にでも(笑)


ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
芸術系? | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
赤カボチャ!!
赤カボチャですか・・・
僕も長いつきあいのあるS文社の社長から「うちのギャラリーで今度、草間弥生するんだよ。」と聞いたとき、「え!?それって漫才のヒト?」って返した恥ずかしい思い出があります。
やみくろさんへ
赤かぼちゃと黄色いなんきんは直島アートの代表選手なんですが、実物を見るまで、どのくらいの大きさかも知りませんでした。
「直径1mぐらいでガッカリ?」なんても思っていたのですが、そんなことはなくておっきな作品でした(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。