スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

送別会・今の想い

2010年02月11日 06時03分
昨日は前に所属していたセクションでお世話になった課長さん(現在は別のところでもっとえらい方になってます)の有志の送別会

若い人で送る送別会でしたが、かろうじて交ぜてもらいました(笑)

集まったのは主役を含めて7名
場所は、隠家 茶四季(かくれが さしき)

隠家 茶四季

 
店内に入ると、一瞬どこからその先へ行けばよいのか迷うような・・・
茶室に入るような小さな扉から入れるようになってます。
ちょっといい感じです。

料理の一部、桃太郎地鶏のタタキなど

隠家 茶四季
隠家 茶四季




ちょうど3年前ですかねぇ~このメンバーで仕事をしたのは・・・

まさしく、やりたい放題!自分がやってみようと企画したことは、全て実行してきたように思います。
それも、やりたい放題を容認?してくれた当時の課長さんのおかげ!
本当に感謝してます。

現場に近いところにいるのは難しいこともあるのですが、うちの会社の存在の意義を考えたら、やっぱり地域の方々お客様がいらっしゃるから成り立っているわけで、そうした方々の想いがよくわかるのは現場に近いところ

今のセクションにいると、ついついそれを次に置いて、社内の都合や社長をはじめ上司の顔色をうかがって物事を進めたり、妙なエリート意識の中で、うわべだけのカタチに走ってしまう。
社内の都合を考えることや上司に相談ももちろん必要なことなんですが、本当の目的はどこにあるのかということを真剣に考えて忘れないようにしておかなければ・・・

先ず隗より始めよ。言い出した者から率先して実行
それができないと本音で物事を前に進めることはできないと思ってます。
自分ができないことを都合良く他人に押しつけるようなことは超苦手です。
単に参加ではなく、せめて参画・・・

あぁ~何を書いているのか支離滅裂。自分でもわからなくなってきたのでこのあたり終了!


バレンタインデー直前ということで、気の利いた女性陣からおみくじチョコ

隠家 茶四季
隠家 茶四季

 
結果は中吉
思いもよらない出来事が起こる日。進んで受け入れると良い方向に向かうでしょう。
そういえば、10年ほど前にお世話になった方から「ワイン関連で仕掛けをしたいので何かいい知恵?を」という電話が突然あって、ちょっとだけあちらこちらに根回し
「進んで受け入れる」ことにしたので、良い方向になると思います。


勇退される元課長さん曰く
「お前らどこから給料もらってんだ。休日に家でゴロゴロするな!地域のボランティアをやれ!」
「やったことのない者が、机の上だけで企画するからダメなんだ」

ちょっと強引ですが、その気持ちはわかるような気がします。


別れ際に「お前ら頑張れよ!」

頑張りたいと思います。


ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代<br /><br />サラリーマンへ
関連記事
雑記 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
泣けますね
私もそんな人の下で働きたいと考えているうちに、私の下に人がいるようになり、逆に私がそんな人にならなければならなくなりました(笑)
のるさんもそうですよね(笑)
だからこそ、これまで以上に頑張って行きましょうね!
No title
>自分ができないことを都合良く他人に押しつけるようなことは超苦手です。

その気持ち、よく分かります!
僕も同じですので(^_^;)
だからいつまでたっても楽にならないのかもしれませんが・・・


元課長さんのお言葉は、厳しいかもしれませんが、そういう気概で生きろってことかな、と。
熱い思いを無くしてしまったら、自分の成長も止まっちゃいそうなので、いつまでも「自分はまだまだ」と言い聞かせていきたいと思っています。
「よ」さんへ
そうですねぇ~まったくそのとおり(笑)
でも、そんな人の下で働きたいと考えてもらえるような人にはなかなかなれないような気がします。
努力でしょうね。でも難しい・・・
まーかーさんへ
だからお互いに楽にならないのかも(笑)
(私は、今は楽をさせてもらっているような気がしますが・・・)

やっぱりどこかに「熱い想い」がないと、前に進んでいけないような気がしています。

ただ、最近は本来業務の上では「想い」を閉じ込めなければならない場面が増えてきたような気がして、そのギャップが辛いですね。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。