スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である

2009年12月06日 03時40分
『道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である』

農山村の活性化?を指導した農政家の二宮尊徳(二宮金次郎)の言葉

薪を背負いながら本を読んでいる二宮金次郎の像が小学校にはあったように思いますが、今はあまり見かけなくなりました。

この『道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である』という言葉というか格言、初めて聞いたときにはかなり感銘を受けました。

宿題をやってます

 
昨日、子どもの宿題の面倒?をみながら、インターネットで調べ物をしていたら、その言葉を『理念なき利益は犯罪であり、利益なき理念は寝言である』と言い換えている人がいることを発見?しました。

「道徳」「経済」という幅広い意味のある言葉をどのようにとらえるのかは、その人の置かれた立場や考え方によって異なってくるでしょうけれど、私にとっては 「理念」「利益」に置き換えた方がピンときます。

中山間地域の活性化というと、特産品の開発や都市との交流といった部分に取り組むことが多くあります。

でも行政からの補助金や助成金をバックにしていることが多いことから、数が売れることや交流人数が増えるといった実績が一番に求められるため、単価や参加費を下げる例が後を絶ちません。
利益はどうなってるのか? 補助金なしで続けていけるのか?


それ以上に課題になるのは、中山間地域の方々の優しさや人柄の良さ

「そんなに高く売らなくてもいいんじゃない?」
「タダでもいいくらいだから、儲けなくても・・・」

そんな優しさが地域活性化の仇になっているかもしれません。


だから何か事を起こすときには「儲けてください」と言ってます。

人の善意のボランティアに頼る活性化策では限界が見えるような気がします。

地域が活性化するとはどんな状態のこと?
地域内でお金が回っている状態であることも間違いありません。

地域活性化、村おこしやまちづくりの理念には、利益が必要。

利益なき理念は寝言である

本当に言い得て妙な言葉だと思いました。



昨日は掃除・洗濯・その他諸々
天気はまずまずでしたが、冬場になると洗濯物が乾きにくいですね!

洗濯物

 

お昼前に、ももたんさんから、島根県の宍道湖の写真と島根県立美術館の写真が携帯に届きました。

宍道湖

島根県立美術館

 
一昨日の夜は島根で飲み会だったそうです。

そんな写真を見ながら、子どもをピアノに連れていったり、1週間分の食料品を買い出しにいったりで、土曜日の業務も無事終了。

今日も1日、呼び出しもなく無事な日になりますように・・・



ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボ<br /><br /><br /><br />タン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマ<br /><br /><br /><br />ン日記ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
中山間 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
利益なき理念・・・
耳が痛い言葉ですね(@_@;)

日々葛藤しています^_^;

まだ、切り口が見えてこないですが行動の中で少しの光が射しているようです。

楽しむことと苦しむことを繰り返しています。
Re: No title
蔵が建つほど儲けなくても、常に次につなげて行くための「利益」という概念を考えていればいいのでうはないでしょうか。

今日のセミナーでもヒントが得られると思いますよ。
No title
本当に耳が痛いお話です。

精神的にも、経済的にも自立できていなければ、ボランティアなどできるはずない…。

最近いつも自分に言い聞かせています。

ジュリアンさんへ
ボランティア活動って、ある意味「余裕」のある人でないとできないことでしょう。

補助金や助成金、ボランティアでの活動がダメだと思っているわけではありません。

もちろん必要なこともあります。

そうしたものが、自立しようとする活動を本来の目的と違う方向に持っていこうとすることもあるので、「頼ってはいけない」ということを忘れなかったらいいのではないでしょうか。

ジュリアンさんもオードリーさんも自立した活動になっていると思いますよ。

次の段階へのステップアップをいつも考えているのですから・・・


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。