スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

帝国ホテルの伝統を堪能するフルコース(ラ ブラスリー)

2009年11月11日 03時12分
11月の東京出張は とことんリッチ or 安上がり のメリハリ?をつけてみました。

初日の夕食は、帝国ホテル東京にある
トラディショナルダイニング「ラ ブラスリー」で 
  帝国ホテルの伝統を堪能するフルコース




帝国ホテル

トラディショナルダイニング「ラ ブラスリー」


このメニュー、10月31日までの限定でしたが11月5日に無理をお願いして作ってもらいました。
(お値段もキャンペーン価格のままでラッキー)

ではコースのご紹介?

今回は特別にグライダーさんのコメントもいただきました。ありがとうございます。
微妙に文字の色が違うところです。


■食前酒
ビール、ワイン、ソフトドリンクのいずれか
この日オーダーしたのはイタリア産スパークリングワイン プロセッコ

割と飲みやすいスパークリングワインでした。
うっすら黄金がかった色にスパークリングの泡が・・・
見ているだけで優雅な気分になれました。


■自家製黒豚のテリーヌと野菜のピクルス添え
開業間もない頃より、代々受け継がれてきたレシピを基に作り上げる一品。

ついうっかりして写真を撮り損ねました・・・。

豚肉のテリーヌでちょっとしつこいかな?とも思ったのですが、野菜のピクルス(マリネ?)と相性がピッタリ!
イチジクのペースト(?)がチョコンとのったテリーヌの横には、黒こしょうが添えられていました。
黒豚の味もしっかりとして、今まで食してきたテリーヌとは別物といった感じでした。
付け合わせのピクルスは、レンコン、ニンジン、カブ・・などなど。
単品でもサラダ感覚で美味しく食べられるピクルスでした。


■昔ながらのダブルコンソメ
帝国ホテルの伝統的な調理法で、時間と手間をかけて作る金色に輝くコンソメスープ。

昔ながらのダブルコンソメ

インスタントコンソメに慣れた者としては、もうちょっと塩味があれば・・・なんて 思ってしまいます。
コンソメスープって本当はこんな味だったのね?と思わず感心。
透き通ったスープの上には3色の野菜が浮かんでいます。
でもこんなに透明感のあるスープをどうやって作るんでしょうかねぇ~。
ポテトチップス コンソメ味の「コンソメ」とは全くかけ離れたお上品な味のスープでした。
でも、どこかで食べたような。何だろうなぁと考えていたら・・・
おでんの牛すじ!
一瞬で高級感がなくなりますが。
『高級なコンソメ=牛すじ味』。新発見です!


■海老と舌平目のグラタン “エリザベス女王”風
1975年、イギリスのエリザベス女王が来日した際、当時の料理長 村上信夫が魚介類が好きな女王のために考案した特別メニュー

海老と舌平目のグラタン “エリザベス女王”風

エビにシタビラメが巻いてあります。いや~美味しかったですね!特にソースが絶品。
海老と白身魚のホワイトソースグラタン。
美味しくないわけがないです。大人も子供も好きなやさしい味でした。


■帝国ホテル生まれのシャリアピンステーキ
1936年、帝国ホテルに滞在したロシア人オペラ歌手 フィヨドール・イワノヴィッチ・シャリアピンのために生み出されたステーキ。

帝国ホテル生まれのシャリアピンステーキ

タマネギに漬け込み、柔らかく仕上げたランプ肉と、ソースの代わりにたっぷりのせたタマネギのソテーが醸し出す奥深い味わいが特徴。

タマネギのソテーが甘い!
ちょっと不思議な味のような気もします。
塩こしょうで味付けしたステーキと違って、肉の味とタマネギの甘さが絶妙のバランス。
お昼ごはんもしっかり食べていたので、ステーキは重いかなぁと心配していたのですが、シャキシャキ感が若干残ったタマネギソースのせいか、あっさりと美味しくいただけました。
上に写った黒い物体はきくらげ。
不思議としっくり馴染んでいました。


■チェリージュビリー
“ジュビリー”とは“記念祭”を意味し、古くからお祝いの席で饗されてきたデザート

チェリージュビリー

温めたアメリカンチェリーをバニラアイスにかけていただきます。味も絶妙です!
言うことなし!写真の通りです!


チェリージュビリー

テーブルの横で、チェリーリキュールに火をつけてアルコールを飛ばすパフォーマンスもいいですね!


■コーヒー


帝国ホテル内にあるレストランなので、もう少し堅苦しいフォーマルなイメージを持って行ったのですが、思っていたよりもカジュアルでした。
でもサービスは一流といわれるだけのことはありますね。
料理をサーブしてくれるタイミングもバッチリでした。

これだけの内容で、1人1万円とちょっと

贅沢は贅沢なんですが、たまにはこういったディナーもいいですよね!!


■気になるお店データ
トラディショナルダイニング「ラ ブラスリー」
・住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー地下1階
・電話:03-3539-8073
・営業時間:11:30 ~14:30(LO) 17:30~21:30(LO)
・定休日:年中無休


出張から帰ってきたら何かと本来業務で忙しく、美味しかった記憶があっという間に薄れていきました・・・。
記憶を反すうする時間がないと、なかなか留まらないものです・・・。

やはり今日も睡眠不足・・・今週いっぱいはちょっときついなぁ~



ランキングに参加しています。よろしければどれもポチッと
blogram投票ボタ<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
グルメのような | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
わぁ~素敵ですね。

お値段はお値段ですが、
やはり、それだけのサービスと
雰囲気を提供してくださいますよね。

それは本当に気持ちの問題かもしれませんが、付加価値をどこにもとめるか…!!!

とにかく、贅沢で素敵な時間を感じさせていただきました。
ジュリアンさんへ
やはり一流と言われるところ
お値段に見合う味とサービスと雰囲気でした!

無理をしてでも行って良かったと思っています。

「本物を知る」ということ やっぱり大切なんだなぁと思いました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。