スポンサーサイト

--年--月--日 --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

こっそりと解散会

2012年03月27日 06時22分
昨夜は、プロポスタでこっそりと解散会でした。
プロポスタ
3年間の事業が終わり、○○センターは解散。
私が関わったのは1年間だけでしたが、本当にお疲れさまでした。
プロポスタ プロポスタ

さて、私は異動はなかったのですが、「想い」の全く通じないところに1人異動して孤立無援の戦いを強いられることになった、私が担当している部署のナンバー2の人
そんな状況を心配して、うちの上司が「○○部署はいろいろと揉めているし困難な課題も多いので、新しく異動して来る人でなく状況を知っている「のるーく」を担当にしようと思う。」と、うちの部署の事務担当表の案を持って相談に行ったそう。
これまでの経緯を考えると、ナンバー2の方が四面楚歌の状況になることは火を見るよりも明らか。
個人的な問題以前に、組織としての課題も多いので、1人では荷が重すぎるところ。

そんなふうに提案したうちの上司に「私は大丈夫。私の後任は兼務になって、自分がやってきた以上に仕事が増えて大変になる。だから「のるーく」を今のままの△△部署担当にしてフォローしてやってほしい。」と答えたらしい。

結果として、自分は来年度も同じ業務になった。

「これでいいか?」と新しい事務担当表の案(私の担当はかわっていない)を持ってきてくれたので、新しく異動して来る人の事務になっている「○○部署に関すること」の項目から一つだけ自分の担当にしてもらった。

また余計なことをして困難な?業務が増えてしまう結果となったのですが、異動するナンバー2の人の男気に応えようと思っている。


ランキングに参加しています。よろしければポチッと
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
関連記事
雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。